ブローイング断熱工法Blowing Insulation Construction

ブローイング断熱工法(主として天井面の断熱)

ブローイングの断熱材としては、ロックウール(RW)、グラスウール(GW)、セルローズファイバー(CF)、その他がありますが、弊社では断熱性・耐熱性・沈下性・環境性・経済性等あらゆる角度から検討し、現時点では最も性能が優れているロックウールを中心にお薦めしております。

ブローイング工法は、専用の機械を使用し、訓練された経験のある技術者が作業を行います。
詳しくは“吹き込み断熱材(Loose Fill Insulation)の種類と問題点”を参照して下さい。

ブローイング断熱工法の特徴

凹凸や段差、配線や換気用配管等、障害物が多く、狭い天井面の断熱は大工さんの手でマットやボードを敷きこんでいたのでは、完全な施工は非常に難しく、大変な労力と時間を必要とします。

ましてこれからは、省エネ推進により200mm、300mmと厚さが要求され、人の手で断熱材を2層、3層と積層して施工する事は更に難しくなります。

ブローイング工法は断熱材をエアーでホースの中を圧送し、天井面に雪を降らせる様に積層させてゆく工法ですから、どの様な厚さでも、全く隙間を生じる事なく、自由自在に断熱が出来る工法です。

断熱に関する教育を受け、熟練された専門の技術者が吹き込み作業を行い、期待する断熱性能が確保されます。

新築時の施工はもとより、既設住宅の天井断熱の吹き増しや改修にも威力を発揮する工法です。

ロックウール吹き込み用断熱材

商品名 ホームブローウール 日本ロックウール(株)製
熱伝導率 0.047w/m K
施工密度 25Kg/m3以上
(熱伝導率は施工最低密度25kg/m3時の保証値です)
ホームブローウールは230mmでグラスウール300mmに相当する高性能な断熱性能を発揮します。

ホームブローウールの特徴

ロックウールが使われる訳。
それは断熱性はもとより優れた 防火性・防音性 だからです。

断熱性能が非常に優れています。
入=0.047w/m K
( cf.GW = 0.052w/m K )
また、熱容量が大きく冬季の断熱性ばかりでなく、夏季の屋根面からの透過熱に対する遮熱効果の大きい断熱材です。

施工後の自重沈下が少なく、繊維系吹き込み断熱材の中では最も沈下率の低い断熱材ですから、恒久的な性能が保証出来ます。

他の断熱材と較べて耐熱性が非常に高く、防火性に優れています。(不燃材料)

防音効果に優れ、雨音や外部からの騒音防止に素晴らしい効果を発揮します。

密度が高く、低温時に於ける断熱材内部での対流発生がありませんから、外気温度が低くなるほど、断熱性能は良くなります。

施工時の発塵が最も少ない吹き込み断熱材で、化学薬品等が添加されてなく、ノン・ホルマリンF・☆☆☆☆商品です。
また、アスベストではありませんので安心してご使用できます。

ブローイング工法 天井吹き込み

よくある質問

ロックウールはアスベストですか?

ロックウールとアスベストは異なります。
ロックウールは繊維径が太く、呼吸系に入りにくいのが特徴です。

人体は異物に対して防御反応があるため、少量のロックウールを吸い込んでも排出されるので、
特に健康に影響を与えることはありません。

この結論は、世界中の研究者により長年にわたって調査・確認されたものです。

ロックウールは人体への影響がありますか?

通常の取り扱い・使用において問題ありません。

人体は異物に対して防御反応があるため、少量のロックウールを吸い込んでも排出されるので、
特に健康に影響を与えることはありません。

ロックウールに限らず、どのような異物でも大量に吸い込むと、肺に対して影響を与える可能性が
ありますので換気の悪い場所での作業には防塵マスク等の対策が必要です。

ロックウールは発がん性があるのですか?

国連の専門機関がコーヒーよりも安全と分類しています。

WHO(世界保健機関)の下部機関である国際がん研究機関(IARC)ではロックウールを「ヒトに対して
発がん性の分類をすることができない”グループ3”」とし、国際的にも安全性が認められています。
コーヒーは「発がん性の可能性がある”グループ2”」に分類されますから、コーヒーより安全ということです。

この結論は、世界中の研究者により長年にわたって調査・確認されたものです。

Copyright (C) ONNETSU KANKYO KAIHATSU Inc. All Rights Reserved.